So-net無料ブログ作成

2014 [音楽]

前回の更新から間が空くうちに年が明けました。
いや別に忙しいわけではないのですが、単に家でPCに向かって文章を打つ気になれなかったのです・・・

WarChildのリミックス盤の感想をまだ書けていないのですが、ここはひとまず昨年のJETHRO TULL / ジェスロ・タル関連ニュースのまとめを。

まず、いくつかのインタビューでIan Anderson(イアン・アンダーソン)が徐々に明らかにしていますが、バンドとしてのJETHRO TULLは永久活動停止、ということのようです。Ian AndersonとMartin Barre(マーティン・バー)がそれぞれのバンドでTULLの曲を演奏していく、ということみたいですね。
おぞらく、TULLの旗が再び挙がるのはこの二人がもう一度共演する時だと思うのですが、今すぐは無理みたいです。でも、多分、また一緒にやるのではないでしょうか。

で、2014年の出来事です。

1. A Passion PlayWarChildそれぞれのデラックスエディションがリリース
まさか1年で2枚もリリースされるとは。5.1chミックスもボーナストラックもブックレットも大満足であります。今年はMinstrel In The Galleryが出るはず・・・

2. Ian AndersonがソロアルバムHomo Erraticusリリース
年末にCD棚を整理するまで2013年のリリースだったと勘違いしてました。いろんなパッケージが出ていて全部揃えてしまいましたよ・・・個人的には前作のTAAB2の方が好みですが、これはこれで決して悪くないというか良い。サラウンドで聴いたほうが良いです。

3. Martin BarreがソロアルバムOrder of Playリリース
Tullのセルフカヴァーです。ほぼスタジオライヴで完璧と言って良い演奏。正直、Tullのクラシックの解釈はAndersonバンドよりBarreバンドの方が斬新で良いと思うのです。

4. Thick As A Brick 1&2 Live in Iceland DVD/Blu-ray/CDリリース
まさかの日本盤先行発売。テレビ放映用のソースを若干編集したもので、最近のライヴなのに画質が極上ではない(SD)という謎の作りですが、内容は最高です。来日公演の感動が反芻できます。

5. 初代ベーシスト、Glenn Cornick(グレン・コーニック)死去
体調が良くないという話は聞いてはいましたが、悲しいニュースでした。一度メールをもらったことがあり、何と返事したか忘れたのですが(PCがクラッシュしてメールアドレスも飛んだ)、一度ライヴを見たかった。Wild Turkey / ワイルド・ターキーをチケットを取ったのに見逃したことを本当に悔いています。

まあしかし、Tullに限らず大御所の豪華盤がばこばこリリースされるんですが、聴くのが全然追いつかないですね。学生の頃はなけなしの金で買った1枚を何度も聴き狂ったものですが。

また更新が滞ると思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。


--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0