So-net無料ブログ作成

A Classic Case再発 [a:News&Rumours]

元キーボーディスト兼アレンジャーのDavid(現Dee) Palmerの企画盤、A Classic Caseがリマスター再発されています。

オーケストラアレンジしたJethro Tullの曲をロンドン交響楽団が演奏するという1985年の企画ものでTullのメンバーが全面協力しています。
メンバー総出で参加しているのでTullのアルバム扱いされることもありますが、名義も主導もPalmerです。

PalmerはTullの曲のストリングズやブラスアレンジを担当していたので、まあ、そつなく無理ない内容になってます。ファンが聴けば「ああそうだよね」という解釈です。
元々の目玉はお蔵入りになっていたオーケストラアレンジの"WarChild"の発掘バージョンだったのですが、WARCHILDリミックス盤に"The Orchestral WarChild Theme"としてオリジナルが収録されたので価値が下がったな・・・と思った矢先のリリースです。

どうせなら、同時期のTull&Palmerのコラボである"Coronach"をボーナストラックで収録したらよかったのに、と思うのですが、権利関係で難しかったのでしょうか。

日本盤も紙ジャケで出ています。50枚くらいしか売れないんではないかと心配です・・・

あと、ドラムは80年代前期にTullのツアーに参加していたPaul Burgessなのですが、今回もなぜかクレジットされていないです。





--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0