So-net無料ブログ作成

A New Day #119 [h:A NEW DAY Magazine]

出てから2か月たってしまいましたがファンジンA New Day #119の内容紹介です。

今号はIan Andersonの最新インタビュー。なかなか興味深い部分があるのでピックアップ。

次のデラックスエディション、Too Old To Rock N' Roll: Too Young To Dieの詳細は確定していない
・リミックスはSteven Wilsonにしてもらいたいし、Wilsonもその意志を示しているが、多忙なためJakko Jakszykになるかもしれない。(注:Steven WilsonのFB見るとWilsonがやるように書いてあるけど)
・ボーナス映像として全曲を口パクでやったTVスペシャルを入れたいが、まだ権利関係がクリアになっていない
・"Advertising Man"、"Commercial Traveller"という未発表曲が見つかっている。後者はボーカル入りらしい・・・が実はこの時点でAndersonも聴いていないため詳細不明。

ベーシストのDavid Goodierがツアーを一時離脱しGreig Robinsonが代役を務めている
・理由は述べられていないが、一時的なもので夏には復帰する予定。(注:突然みたいなので、健康問題とかかなあ。)
・代役は元Jethro TullのJonathan Noyceが最有力だったがどうしても都合がつかない日程があり、ドラマーのScott Hammondの推薦でRobinsonが参加した。

その他
・Jethro Tull The Rock Operaには5曲の新曲が用意されるが、スタジオレコーディングの予定はない。おそらくライヴCD/DVDが出る。
・Ryan O'DonnelがJethro Tull The Rock Operaに参加しないのは、The Kinksのプロジェクトに参加するため。
・1979年ごろの未発表曲に"Horsehoeing Husbandry"というのがあるらしい。
・Ian Andersonの中では、Jethro Tullのこれまでのメンバーは計27名である。
・また、2008年ごろのJethro Tullのレコーディングについて少し情報を出している。"Donkey And The Drum""Birnam Wood To Dunsinane""Sefika's Tango"の曲名が出ている。このレコーディングはライヴのためのデモでミックスはされていないらしい。メンバーはAnderson/Barre/Goodier/O'Hala/DuncanにヴァイオリンのAnn-Marie Calhoun。フリーダウンロードで配布する案もあったが実演家印税支払をどうするかという問題があり沙汰止みになったらしい。(ゲストのCalhounの印税だよなあ・・・)

他にもたくさんしゃべってます。詳しくは原書を。

気になるのはToo Old To Rock N' Rollのデラックスエディションがいつ出るのか、ですが、3か月前の時点で上の状態なのでまだリリースは先かもしれません。来年が40周年なので来年かなあ。




--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0