So-net無料ブログ作成

全曲レビュー #236: "After These Wars" [g:全曲レビュー, 1980-]

"After These Wars / 第10章:帝国の喪失:戦後復興の中で失われたもの" -- HOMO ERRATICUS Ian Anderson Solo 2014年

颯爽としたインストの前曲とロックな後続をつなぐスローバラード。

大戦後の斜陽と再生をテーマにしているが、実のところベビーブーム世代であるIan Andersonの幼少期の体験を色濃く反映している。つまり、自叙的な趣がある。普及し始めたテレビを皮肉に歌っているが、Anderson家もいち早くテレビを購入した家だったそうだ。

もっともこの曲の良いところはそのメロディにある。静かなメインメロディはこのアルバムの中でも白眉ではないだろうか。
また、John O'Halaのピアノ、そしてFlorian Opahleの歌メロを換骨奪胎したギターソロも素晴らしい。


--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

A Passion Play - An Extended Performance リリース [a:News&Rumours]

2014/7/12: A Passion Play - An Extended Performance 雑感#3~リミックスリンク追加

JETHRO TULLによるプログレの金字塔。
Steven Wilsonの手を借りリミックスされるとともに豪華なパッケージで再発されます。

Burning Shedでプレオーダー分の発送が始まりました。
前にお伝えしたとおりアナログのリリースは8月に延期になっています。

現時点でこのアルバム以降のリミックス再発のニュースはありません。ぜひ継続してもらいたいものです。

なお、現在のツアーでは"Critique Oblique"が演奏されています。


[E:cd]CD 1 - A Passion Play (A new Steven Wilson stereo mix):

1. Lifebeats/Prelude
2. The Silver Cord
3. Re-Assuring Tune
4. Memory Bank
5. Best Friends
6. Critique Oblique
7. Forest Dance #1
8. The Story Of The Hare Who Lost His Spectacles
9. Forest Dance #2
10. The Foot Of Our Stairs (+ 2 extra verses found on end of multi-track reel)
11. Overseer Overture.
12. Flight From Lucifer
13. 10.08 to Paddington
14. Magus Perde
15. Epilogue

[E:cd]CD 2 - The Chateau d’Herouville Sessions (A new Steven Wilson stereo mix):

1. The Big Top
2. Scenario
3. Audition
4. Skating Away
5. Sailor
6. No Rehearsal
7. Left Right
8. Solitaire
9. Critique Oblique (Part I)
10. Critique Oblique (Part II)
11. Animelee (1st Dance) [Instrumental]
12. Animelee (2nd Dance) [Instrumental]
13. Law Of The Bungle (Part I)
14. Tiger
15. Law Of The Bungle (Part II)

[E:cd]DVD 1 - (Audio & Video):
5.1 & Stereo Mix of A Passion Play
The Story Of The Hare Who Lost His Spectacles
Intro and outro film footage used in the Passion Play tour of 1973.

[E:cd]DVD 2 - (Audio only):
5.1 & Stereo Mix of The Chateau d’Herouville Sessions

[E:book]80 page book



2014/05/02の記事
2014/05/24の記事
A Passion Play - An Extended Performance 雑感#1~Chateau d'Herouville Sessionsの真の姿
A Passion Play - An Extended Performance 雑感#2~The Story of the Hare...
A Passion Play - An Extended Performance 雑感#3~リミックス




--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む


2014/06/23 twitter [l:twitter]

RT @jethrotull: Out Monday 30th June, A Passion Play (An Extended Performance) features new Steven Wilson mixes (stereo and 5.1)... http://…

2014/06/22 twitter [l:twitter]

おそらくリハーサル映像。 Ian Anderson - Enter The Uninvited - UK Tour 2014: http://t.co/8M7bfxcHWK @YouTubeさんから

全曲レビュー #235: "Tripudium Ad Bellum" [g:全曲レビュー, 1980-]

"Tripudium Ad Bellum / 第9章:軍靴の響き:戦争への舞踏" -- HOMO ERRATICUS Ian Anderson Solo 2014年

ここから第2節。大英帝国の斜陽と現代までを描くわけだが、原作者のErnest T. Parrittにとっては未来の位置づけなのでPROPHECIES(予言)という節になっている。当然ネタなので、現実の歴史とほぼ同じである。

曲のタイトルは両大戦を指しているが、曲自体はインストで、Ian AndersonがJethro Tull Jazzと呼ぶ通り、もろJETHRO TULLである。"Enter The Uninvited"や"Puer Ferox Adventus"のメロディを再利用しているが、初期TULLの雰囲気も漂わせており、LIVING IN THE PASTあたりに収録されているインスト曲に近似する部分もある。
もっとも演奏は当時よりずっとテクニカルで、リードするフルートに耳が行きがちだが各メンバー全力演奏である。特にDavid Goodierのフレーズは例によって変幻。もっと音を大きくしてあげてください。

しかしこの曲もあっさりと終わってしまう。最後にレコーディングされた曲らしくアルバム全体の収録時間の兼ね合いもあったのかもしれない。


--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2014/06/20 twitter [l:twitter]

Led Zeppelinのスーパーデラックスエディション日本盤って、実は輸入盤の日本仕様らしい。輸入盤にしといてよかった・・・まだ届いてないけど。
【日本盤情報】TAAB & TAAB2 完演ライヴ Live In Iceland http://t.co/knRgMBIbnO

【日本盤情報】TAAB & TAAB2 完演ライヴ Live In Iceland [a:News&Rumours]

先日お伝えしたLive In Icelandですが、何と日本盤もリリースされるようです。邦題は『ジェラルドの汚れなき世界』完全再現ツアー~ライヴ・イン・アイスランド 2012

フォーマットはDVD。残念ながらBlu-rayではないようですが発売日が8/20となっていて、輸入盤より早い。

昨年の日本公演が思い起こされます。
日本公演はアコーディオンがなかったりソロが短かったりコントが短縮されたりフィルムがカットされたりと、演出上は「完全版」ではなかったのですが、アイスランド公演は本当に完全版です。(客をステージに上げる演出はカットされるかもしれませんが。)

ただ、昨年2013年の日本公演のほうが演奏内容自体は良かったと思いますけどね。





--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ