So-net無料ブログ作成
n:その他 ブログトップ

2013年 [n:その他]

大変遅れましたが2013年のまとめです。

昨年は何といってもIan Anderson Band来日公演が一番大きな出来事でした。ひいき目もあると思いますが、今までの人生で見た中で最高のライヴでした・・・まさか生でThick As A Brickの完全版が見られるとは・・・Youtubeに結構な数のライヴ映像が出回っていますが、日本公演は若干の短縮や変更があるものの演奏そのものはかなり調子が良かったようです。

次に、サードアルバムのBenefitのデラックスエディションリリース。40周年なんかとうに過ぎていて見捨てられたかと思っていましたのでリリースされることを知ったときはうれしい驚きでした。Steven Wilsonのリミックスは期待通りの出来。音質が格段に良くなっているので、ボーナストラックはマニア向けではありますが、通常盤を買うくらいならちょっと背伸びしてこちらを買ったほうが良いです。

Martin BarreもニューアルバムAway With Wordsをリリースしました。JETHRO TULLのリメイクに自作曲を組み合わせたアコースティックアルバムという安心して聴けるアルバム。

ライヴDVD、Around The World Liveもリリースされました。テレビ出演映像の寄せ集めではありますが大ボリュームでおなか一杯です。

少しTULL絡みという意味ではEddie Jobsonの来日公演。もちろん(?)TULLの曲はやらなかったもののオープニングフィルムで紹介されていて本人としては黒歴史扱いではないことに安心。再結成UKも見たのですが実は今回気になったのはJobsonでもJohn WettonでもなくドラムのMarco Minnemann。前見たときはJobsonに気を取られていたのかそう印象に残らなかったのですが。興奮冷めやらずAristocratsのDVDとかLevin Minnemann Rudessのアルバムとか買っちゃいました。後者はオフィシャルサイトでデラックスエディションが買えます。MinnemannはTULL好きだそうです、ということで無理矢理TULLへ話を戻す。

その他、JETHRO TULL関連書籍が2冊。Jethro Tull's Thick as a Brick and A Passion Play: Inside Two Long Songsは2枚のコンセプトアルバムの分析本。力作ではありますがマニア向けでかなり読者を選びます。一方のA Passion Play: The Story of Ian Anderson and Jethro Tullはよくまっていています。ただミスがちょこちょこあります。

TULL以外では、昨年はクラシックロック勢の来日が目白押しで行ける限りは行きました。Kiss、Journey、Ken Hensley、Martin Turner's Wishbone Ash等々。唯一がっかりしたのはGreg Lakeおじさん。あの内容であのチケット代はねーよ、と。インタラクティヴだったKen Hensleyを見た後だったので余計そう思ったのかもしれない。

2014年の展望はまた今度。

--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Alive and Well and Living in [n:その他]

無事です。
I'm safe.

【お知らせ】j-tull.jp停止中→復旧しました [n:その他]

諸般の事情でj-tull.jpは停止しております。 復旧まで少々時間がかかりそうです。

復旧しました!

--
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログのデザイン [n:その他]

模様替えしてみましたが、なんだかピンときません。

JETHRO TULLにぴったりなデザインってないものか・・・


--
↓よかったらクリックお願いします↓
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

いびき [n:その他]

(全然音楽に関係ないですが、切実なので許してください)

真剣に悩んでます。

最近自分のいびきで目が覚めてしまうのです。
おかげで毎日不眠気味・・・

お酒を飲んだ日は特にひどい。

口を閉じればよいという人もいますが、私の場合、口を閉じていても音が出ます。鼻の奥で鳴ってる。

今使ってるのは、クリップみたいな器具。これを鼻にはめるんだけど、あまり効き目がないみたい。

だれか、対症療法でも良いので、対策・オススメグッズを教えてください。
ただしダイエット以外。(運動はやってるので)

輸入盤CDが手に入らなくなるって話って・・・ [n:その他]

少し前に、著作権法の改正で輸入盤CDが入手できなくなるって話がネットを飛び交っていたことがあった。

アジア圏での逆輸入CD対策の著作権法改正が、他地域からの輸入盤規制に濫用されるって話だ。
日本盤がないアーティストの輸入盤も手に入らなくなるって言う噂だった。

もし本当にそうなってしまったら、日本のJETHRO TULLファンは大打撃である。東芝EMIの尽力で旧盤は日本盤で再発されたけど、全部ではないしね。

しかし、常識で考えて、いくらなんでも欧米からの輸入禁止は有り得ないでしょ。
お隣の国じゃないんだから。

それに、ネチズンを扇動している某野党や弁護士の影がちらついていたので、あぁそういうことかと正直冷ややかな目で見ていた。

なので、サイトでも取り上げなかった。

仮に、米国からの輸入盤を規制したらさあ・・・ECに力入れてる国だよ。もしそうなったら外圧の嵐ですよ。Amazonとかどうすんの。ロビイスト活動が大変お盛んなお国ですよ。

で、結局この話はどうなったのだろう?
調べてみたけど、良く分からない。
確かなのは相変わらず平和に輸入盤を購入できるということだ。良いことだ。

☆この問題についてはこのサイトのご意見がもっとも当を得ていると感じました。
n:その他 ブログトップ